スクリーンセーバーの役目

このスクリーンセーバーですが、どんな目的で使用されるのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

ディスプレイの焼きつき防止を目的とした機能だということを知っていましたか?焼きつきというのは、同じ画面を長時間表示すると、ディスプレイの発光剤が変質して画面に模様が残るという現象のことです。

以前ディスプレイといえばCRT(ブラウン管モニタ)がほとんどで、CRTの焼き付きを防ぐためのユーティリティとして使用されていました。

最近では、CRTの性能アップやディスプレイの技術進歩、また、焼きつきに強い液晶ディスプレイが主流になったことから焼きつき防止というより、癒しやエンターテイメントな要素で使用されるようになってきました。

当初の目的とは違う意味で使用されることが多くなっています。