スクリーンセーバーの基本

パソコンの画面設定の中にスクリーンセーバーという機能があるのは知っていますか?

スクリーンセーバーとは、パソコンを使用しているときになんの操作(入力やマウス操作)もしない状態(アイドリング状態)が一定時間または長時間続くと働く機能で、単に画面を黒くするものや、主に自動で画面が切り替わり画像をスライドショーで流したり、様々な動きのあるアニメーションなどが表示されます。

Windowsに標準機能で付属しているユーティリティソフトウェアのことです。

スクリーンセーバーの役目

このスクリーンセーバーですが、どんな目的で使用されるのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

ディスプレイの焼きつき防止を目的とした機能だということを知っていましたか?焼きつきというのは、同じ画面を長時間表示すると、ディスプレイの発光剤が変質して画面に模様が残るという現象のことです。

以前ディスプレイといえばCRT(ブラウン管モニタ)がほとんどで、CRTの焼き付きを防ぐためのユーティリティとして使用されていました。

最近では、CRTの性能アップやディスプレイの技術進歩、また、焼きつきに強い液晶ディスプレイが主流になったことから焼きつき防止というより、癒しやエンターテイメントな要素で使用されるようになってきました。

当初の目的とは違う意味で使用されることが多くなっています。

スクリーンセーバーの種類

では、どんなスクリーンセーバーがあるのでしょう。みなさんはどんなスクリーンセーバーを利用しているのでしょうか?

Windows標準では、「フライングWindows」や「宇宙飛行」、「フラワー」、「3D迷路」、「ラインアート」、など何種類かが標準で付属しています。

そのほかにも、インターネットなどで無料(フリーウェア・ソフト)で配布しているサイトもありますのでそこから様々なスクリーンセーバーをダウンロードして入手することができます。

有料(シェアウェア)のスクリーンセーバーを販売している個人や企業も存在します。

人気のスクリーンセーバー

いろいろなスクリーンセーバーがありますが、自分の好きなタレントさんのものや映画やアニメの映像、キャラクターものなどのダウンロードで入手できるスクリーンセーバーが人気があります。

こういったモノの入手先は、それぞれのタレントや映画のサイト、各メーカーのサイトなどで、ほとんどのスクリーンセーバーが無料で入手する事ができます。

また無料ダウンロードサイト等も数多くありますので、そこから探してみるのもいいかもしれません。

よくテレビCMなどがスクリーンセーバーになることがあるのですが、そういった場合はその商品のサイトからダウンロードすることができます。

また最近では「癒し」系の観賞用スクリーンセーバーなどが多く存在し人気があるようです。花火の映像や熱帯魚などの3D映像などです。

本当にいろいろなものがありますのでお気に入りのものを入手して楽しいPCライフを過ごしましょう。